So-net無料ブログ作成

カテゴリー:特技・比較・共通点

特技・比較・共通点 ブログトップ
前の1件 | 次の1件

石原さとみの英語力は?ペラペラに話せる? [特技・比較・共通点]

のんのんです!

本日のテーマは「石原さとみの英語力は?ペラペラに話せる?」です。

なりたい顔ランキングNO.1に選ばれるほど恵まれた容姿の持ち主ですが最近では映画やドラマで流暢な英語を披露している石原さとみさん。彼女の英語は本物?もしかして、映画やドラマで決まったセリフを覚えて話しているだけ?本当のところはどうなんでしょう。








英語なんて全くできない私からするとペラペラで発音もめちゃめちゃいいように思いますが、大人気女優でテレビ番組や雑誌など引っ張りだこで超多忙のはずなのにどこで勉強したんでしょうか。
今回はそんな謎を探ってみたいと思います。

石原さとみの英語力のレベルは?



大人っぽい役をかっこよく演じる石原さとみ.jpg

最近、話題になっているのは映画「シン・ゴジラ」での石原さとみさんの英語力です。

この映画では米国の日系3世の役で英語のセリフがかなり多くあるということですが、この映画での英語力が賛否両論分かれているようなんです。

英語力のレベルが低くて発音が下手という酷評があることも確かですがこの映画では日系3世の役なので日本語と英語が混ざったセリフを話す場面が多いそうです。
日系の外国人の役なので英語力のレベルが高いことを要求されるようですが、石原さとみさんの英語力が足りないというお話がかなり出ています。

ですが、この映画での役柄がアメリカの大統領特使で、日系とは言っても日本語があまり上手ではなくネィティブな英語を話すという微妙な役柄なだけに難しいところではあったはずですよね〜。

実際、彼女の英語力がどのレベルなのかはわかりませんが、昨年放送されたドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん」では英会話学校の講師の役で、この時にもかなり流暢な英語を披露していましたよね。

このドラマは私も楽しみで必ず観ていましたが、英語力は皆無の私からするとなんと素晴らしい英語力でしょう!!というくらい上手に話している印象でした。

私のように外国語がさっぱりわからない人にとっては発音が悪いとか下手とかよくわからないんですが、もしかしてとても英語力が高い人でペラペラに話せる人が聞くと発音もあまり良くないし下手だと感じるのかもしれないですね。

でも、逆にアメリカ人が日本語を話す時に日本語の発音が悪かったり話し方が少しおかしかったりしても「外国人なのに日本語話せてすごいー!」「ちゃんと会話ができててすごい!えらい!」ってなりませんか?

外国の俳優さんがテレビで片言の日本語を話したとしても「あの俳優は日本語力低いな!」と思う人は少ないはずですよね。

なので石原さとみさんが映画の中で話した言葉があまり上手じゃないとしても、彼女は日本人なわけですので会話ができて、相手に伝わればものすごく高い英語力がなくてもいいんじゃない??なんて思っちゃいます・・・。








石原さとみは英語ペラペラ?いつから話せる?



英語教師の役がピッタリの石原さとみ.jpg

ドラマや映画のほかにCMなどでも石原さとみさんを見かけない日がないくらいの人気ぶりですが、その多忙な日々の中で語学を勉強したとしたらいつから話せるようになったんでしょうか?

彼女はもともと外国語がペラペラ話せていたわけではなく、学生時代には英語の発音が逆に苦手で悩んでいたそう。

高校一年生の時に芸能界にデビューしましたが、学業と芸能活動を両立させるのにかなり苦労したようですのでもともと英語が苦手だった彼女がこの頃に特別に語学を勉強するということは難しいことじゃないかと思います。

石原さとみさんが通った高校は一般の女の子が通う普通の高校で、周りは芸能界とは無関係の女子高生ばかり。

芸能活動している人たちがたくさん通う高校なら活動もしやすい状況だったのかもしれませんが、普通の高校の普通科に在籍して中間テストや期末テストも他の生徒たちと同じように受けていたとなると語学だけを集中して勉強するなんていう時間もないことが想像できますよね。ドラマや映画の撮影の合間にテスト勉強もしなくてはいけない状況だったんじゃないかと思います。

もともと外国語を得意としていて学校の授業で勉強しただけで英語力が身につく人ならわかりますが、もともと語学が苦手だったのに学生時代に特に語学を集中的に勉強したこともない彼女がいつから英語をペラペラに話せるようになったのか・・・。

現在も英会話のイーオンのCMで流暢な英語を話す石原さとみさんが見られますが、ご本人が実際に2008年から英会話のイーオンに通って語学を勉強してきたということなんです。

2008年に映画「JUNO/ジュノ」の主演女優エレン・ペイジが来日した時に行われた会見では、同い年ということでゲスト出演した石原さとみさんが英語でペラペラとエレン・ペイジと談笑したり演技のことについて話したりしていたそう。

この時の司会者が石原さとみさんを紹介する時に「最近英会話を勉強中」と言っていたのでこの頃から英語の勉強をしていたんでしょうね。

さらに、2010年の年末には単身てニューヨークに語学留学をしています。この時に本番の外国語に触れ英語力に磨きをかけたようですね。

この留学は英語力を上げただけではなく、ご本人にとって大変大きな転機になったようです。

高校一年生で芸能界デビューを果たしてからは何もわからずにただ周りの言うまま、お膳立てされるまま成長してきたそう。

そんな中、たまたまスケジュールに空白ができ、デビューしてから初めて一ヶ月間という長い休みをもらいアメリカに旅立ちました。

それまでは、日々のスケジュールや着るもの、食べるものまで全て人が決めたことを実行していただけだった彼女はこの一ヶ月間、何から何まで全て自分一人で決めなくてはいけないという生活で大きく変化したと言っています。

この一ヶ月間は、日本から遠く離れた異国の地で彼女が女優ということは誰も知らないため素の自分として過ごせた。この海外生活の経験が英語がペラペラに話せるようになったことだけじゃなく内面においても大きな転機になったそうです。

確かに、ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞した時からこの時期までの印象は、かわいいには違いないのですがいかにも真面目な優等生タイプで垢抜けないイメージが満載だったように記憶しています。

女優としても、ほかの女優よりも抜きん出て目立つような存在ではなかったように記憶しています。

それが、この一ヶ月間の海外生活で自分でプロデュースすることの楽しさを学んだというとこで、ここからもともと興味を持っていたメイクも工夫して、役によってやり方を変えたりするようになったそうです。

そしてこの後から昔の垢抜けない真面目キャラ満載のイメージからどんどん変貌を遂げて現在のかわいい中にも色っぽさがあり、男性からも女性からも憧れられるトップ女優に駆け上がっていったようです。

一ヶ月間の海外生活を終えて帰国してからも石原さとみさんはペラペラの英語力を維持するために英会話のイーオンに通っているそうです。

英会話のイーオンのCMで披露している英語力は実際に彼女が教室に通って習得したものを披露しているんですね〜。

英語って普通にペラペラ話せていても長い間話さないでいると忘れてしまうらしいですよね。

日本に住んでいれば意識しても英語で話すことなんてほぼないでしょうから、忘れてしまわないようにするためには英会話教室に通ったりすることが必要なのかもしれませんね。

石原さとみの英語の勉強法は?



石原さとみさんの流暢な英語力が話題になったのは2012年に放送された月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の続編ドラマスペシャルで2013年に放送された「リッチマン、プアウーマンinニューヨーク」でした。

その後、2015年に放送された「5→9〜私に恋したお坊さん〜」では英会話学校の講師の役で長いセリフをペラペラと英語で話すシーンや山下智久と英語でペラペラと絡むシーンがあったりと、かなりたくさん英語力を発揮する場面が見られました。私はこのドラマを見て「こんなにペラペラと外国語が話せる石原さとみってすごいよね!」と感動してしまったわけですが・・・。

なので、映画「シン・ゴジラ」での彼女の英語力が低いとか発音が下手とかという酷評が出ていることにはとても驚いてしまいます。

私にしてみたら、そもそも外国語がわかる時点で「すごい!」。会話が通じて意思疎通ができてしまうことに「すごいすごい!!」と羨望の眼差しになってしまいますよ。

石原さとみさんが超多忙の中、英語力をつけた勉強法はどんな勉強法だったのかも疑問じゃないですか?

ここからは彼女がペラペラの英語力を習得した勉強法を見ていきたいと思います。

まずは一番効果的だったのは2010年の年末に一ヶ月間ニューヨークに滞在したことが大きいと思います。

外国語を覚えたい、上手になりたい人の一番の近道は自分を否応なく日本語以外の言葉を使わなくてはならない状況に持っていくことかと思います。

なので、英語圏の国に滞在して英語だらけの生活を経験するのが一番手っ取り早いと言えます。

私の身近に実際に若い頃に海外に単身で渡り、1年弱生活してきた人がいますが、その人自身も行ったばかりの頃は片言の英語力では全く会話が成り立たなかったけれど、とにかく英語を話している外国人のいる場所に身を置くことでめちゃめちゃ早口の言葉も徐々に聞き取れるようになり、上達していったと話していました。

現在、日本では中学校から語学を勉強していますが、中学校で習った英語は全く役に立たなかったそうです(笑)

実際に外国人が話す言葉は想像以上に早口で、日本ではそこそこ英会話ができていると思ってもまるで違っていたようですよ。

このことから、海外でも日常会話ができるくらいの英語力をつけるための勉強法としては「行ってしまう」が一番効果的だし手っ取り早いです。

でも、これはなかなかハードルが高いですよね。

なので石原さとみさんが実践した勉強法の英会話教室に通うのが効果的です。

彼女の勉強法として、英会話教室に通うほかにブロードウェイのミュージカルを見に行ったりしていたそうです。
 
語学ができる人によく聞くのは、海外の映画や歌などを聞いて生の英語に触れてリスニング力をつけるということ。

中学校の時の英語の授業のように机の上で文法やスペルの勉強も大事かもしれませんが、何よりも会話として成立する英語力を学ぶことが重要です。

外国人の友達が作れたらそれは語学の勉強法としては楽しみながら学べるという一石二鳥の勉強法になってくるので外国人の友達が作れそうな環境にある人は積極的に行動して外国人の友達を作り、英語で会話できる状況をつくるといいと思います。

先ほどお話した、私の身近にいる英語ができる人は帰国後は日本語以外の言葉を使う機会が激減して話せなくなるため夜な夜な海外在住の外国人の友達と英語で話しているそうです

ちなみに、石原さとみさんの英語ペラペラが披露された「5→9〜私に恋したお坊さん〜」で高学歴、高身長、高収入のイケメン僧侶・星川高嶺役を演じた山下智久さんもこのドラマの中でかなりの英語力を披露していましたね。

このドラマでは彼女の英語力に加えて山下智久さんの英語力もかなり注目を浴びたようです。

では、山下智久さんが英語がペラペラに話せるようになった勉強法はどんなものなのか。見てみたいと思います。

山下智久さんはこのドラマ以外でも「大人のkiss英語」という番組のMCをつとめるなど英語力には定評があるそう。映画のPRで来日したアンジェリーナ・ジョリーに通訳なしで直接インタビューをするなど、その英語力が話題になっていました。

彼の英語力を身につけた勉強法は、彼の妹の家庭教師だったフランス人女性の存在が大きく影響しているんだとか。

この家庭教師と会話をすることで英会話ができるようになったそうです。

その後、2012年に放送された「山下智久・ルート66〜たった一人のアメリカ〜」という番組がきっかけに3年という歳月をかけてさらに英語がペラペラになっていったそうです。

山下智久さんもやはりプライペートで外国人との交流を積極的に行い生の英語に触れることを心がけていたということなので外国人の友達を作ることは英語を習得したい人にとってはおすすめの勉強法かもしれないですね。

あの「5→9〜私に恋したお坊さん〜」での二人の英語での絡みは面白いうえにかっこ良くて大好きでした。

英語がペラペラ話せる人ってめちゃめちゃかっこいいですよね。私もできれば話せるようになりたいですが・・・頭がついていかない可能性大です(笑)
なので石原さとみさんの英語はどうなの??という以前に話せることに感動してして尊敬してしまうわけです(笑)

今回は「石原さとみの英語力は?ペラペラに話せる?」でした。









共通テーマ:芸能
前の1件 | 次の1件 特技・比較・共通点 ブログトップ