So-net無料ブログ作成

カテゴリー:出演CM

ポカリスエットのCM出演の子役&印象に残る歴代女優は? [出演CM]

ブログ管理人のんのんです。

本日は「ポカリスエットのCM出演の子役&印象に残る歴代女優は?」でお届けします。

ポカリスエットのCMというとつねに旬の芸能人を起用しているイメージがありますが、ここ数年は子役が出演していますよね。そこで今回はあのかわいい女の子の情報を調べてみたいと思います。








また今出ている女優や歴代の出演者、作品内で流れている曲についてなども気になるのであわせて見て行きたいと思います。

ポカリスエットのCMに出演している子役は誰?



楽しそうな二人.JPG

最近のポカリスエットのCMには子役が出演していますよね。

この子がかわいいと話題になっていますが、この女の子は誰?ということで調べてみたところ、なんと最近注目を浴びている人気子役の鈴木梨央だったんですねー。

「マルモのおきて」など数多くの作品に出演して大人気だった芦田愛菜が主演した「明日、ママがいない」で児童養護施設で暮らす子供の役を演じたことで知っている人も多いと思います。

当時は芦田愛菜が大ブレイク中で、それに伴ってたくさんの子役たちにも注目が浴びた時期でもありましたよね。

その中でも特に演技派と話題になったのが鈴木梨央。迫真に迫った演技は大人顔負けといったところでしょう。

記憶に新しいところでは2017年1月に放送された篠原涼子が主演した日本テレビ系スペシャルドラマ「愛を乞う人」です。

このドラマは篠原涼子が二役を演じるということで話題になりましたが、主人公の子供の頃の役を鈴木梨央が演じました。

この作品の主人公は実母から虐待を受けて育ったという役で、彼女は虐待を受ける子供の役でしたが本当に迫真に迫った演技で観ていた私も思わず泣いてしまいました。

では、最近大人気でCMやドラマ、映画に引っぱりだこの子役の情報をお伝えしましょう。

ぬいぐるみを抱く鈴木梨央.JPG

プロフィール

本名 鈴木梨央

生年月日 2006年2月10日(11歳)

出身地 埼玉県

身長 138cm

血液型 A型

所属事務所 ジョビィキッズプロダクション

当時、かなり話題になったドラマ「Mother」を観て芦田愛菜に憧れ、同じ事務所のオーディションを受け芸能界にデビュー。5歳から芸能活動を始める。

デビュー作は2012年に放送されたドラマ「カエルの王女さま」。その後、綾瀬はるか主演のNHK大河ドラマ「八重の桜」で綾瀬はるか演じる主人公・八重の幼少期を演じ注目を浴びる。

さらに、ドラマ「Woman」で満島ひかりの娘役で迫真の演技を見せるなど活躍する。

ドラマ「明日、ママがいない」で憧れの芦田愛菜と共演を果たした鈴木梨央は「本当に夢みたい、うれしい」とテレビ番組で話していました。

「八重の桜」で共演した綾瀬はるかや「Woman」で共演した満島ひかり、田中裕子などが憧れの女優なんだそう。

「わたしを離さないで」では「八重の桜」と同じく綾瀬はるかの幼少期を好演。このドラマは臓器提供のために集められた子供がある施設で育てられ、やがて成長すると自分の臓器を誰かのために提供するという運命を持つ人たちのストーリーでしたがここでもかなり難しい役どころを好演していました。

芦田愛菜も幼い時からしっかり演技ができるということで話題になりましたが、彼女の演技力にも注目したいところですよね。

CMではauの「おとくちゃん」が印象に残るキャラですよね。さらにトヨタの作品ではジャイ子を演じたのが彼女です。

家族は両親と姉の4人家族。お母さんがフィギュアスケートの浅田真央のファンだったことで「梨央」と名付けたそう。

最近では彼女が芸能界に入るきっかけとなった憧れの子役芦田愛菜に並ぶほどの人気ぶりを見せていますが、今話題になっているポカリスエットには2015年に起用されました。

ポカリスエットのCMにはこれまでも歴代人気女優が起用されてきましたが、35年の歴史で子役が起用されるのは初めてのことなんだそう。

そして、現在はこのポカリスエットのCMがかなり好評でネット上でもかなり話題になっているんです。








ポカリスエットのCMで印象に残る歴代女優は?



ポカリスエットは大塚製薬が出しているスポーツドリンクですよね。

真夏の水分補給には最適な健康飲料ですが、印象としてはスポーツをする人が飲む飲料水という感じがしますよね。

でも実際にはお酒を飲んだ後や入浴などでも水分不足になりがち。そんな時にポカリスエットを飲むことで失われた水分を素早く体内に吸収され補給することができるということで、真夏だけじゃなく冬にも水分補給に必要だということなんです。

真夏には熱中症予防のためにも積極的に飲む人が多いと思いますが、冬は寒いのでなかなか飲む気になれないというのもありスポーツドリンクより暖かいココアに走ってしまいがちですが、体内は冬でも水分不足になるということで「冬の乾燥にもポカリスエット」がテーマの作品が放送されています。

最新のCMに起用されているのは現在大ブレイク中の吉田羊ですね。そして娘役に鈴木梨央が登場し、微笑ましい印象が残る母娘のシーンが話題を呼んでいます。

キャッチコピー「ポカリ、飲まなきゃ」で二人がお揃いの衣装で登場しコミカルな掛け合いを繰り広げる作品がシリーズで放送されかなり視聴者の印象に残るようです。

最近の作品ではダボっとしたジーンズにお揃いのマフラーをして枯葉を掃除するも木枯らしで吹き飛ばされて女優と子役の顔面にビニール袋が張り付くというものや、窓の中と外で仲良く窓拭きするもの、布団を干そうとして下に落としてしまうものや、ゼリータイプのポカリを食べる作品などかなり愉快な母娘の印象に仕上がっていますよね。

枯葉を掃除する吉田羊と鈴木梨央.JPG

母親役の吉田羊も「かわいい」とかなり好評ですが、何と言っても二人が本当の母娘のような印象が残るくらい自然なところが素晴らしい!

ポカリスエットの歴代のCMにはこれまでもその時代の旬の女優が起用されてきましたが、歴代の出演女優には誰が起用されていたのか、印象に残る女優を調べてみました。

売れる女優の登竜門と言われているポカリスエットのCMは無名の女優が出演すると一躍有名になるということから「このCMに出演すると必ず成功する」と言われているそう。これまでも数多くの女優が出演していましたが、35年という歴史の中でも印象に残る歴代女優は若かりし頃の宮沢りえ。

まだあどけなさが残る宮沢りえが出演していたのは1988年から1990年。当時は大人気女優でバラエティ番組などにもたくさん出演していましたよね。現在はすっかり大人の印象が残る女性に成長しました。

若い頃の宮沢りえ.JPG

その後の歴代女優には、現在ファッションブランド「アーキ」を立ち上げて成功されているタレントの一色紗英が起用されました。

彼女のブランドは綾瀬はるかが私服で好んで着ているファッションブランドと言われています。

さらに歴代女優には綾瀬はるかも起用されていたことがありました。

ベリーショートの綾瀬はるか.JPG

ここでは彼女の数少ないショートヘア時代が見られます。また、抜群のスタイルでビキニ姿を披露していましたね。当時はまだ今ほど人気があったわけではありませんでしたが、ビキニ姿の他にも温泉などの入浴シーンがあったりととても可愛らしい綾瀬はるかが印象に残ります。

さらに歴代女優の中には川口春奈や中条あやみも起用されていました。

こんして歴代女優を見ていくと、起用されたら成功するという噂も全くウソというわけではないような気がしてきますね。

ですが歴代女優の中には子役は一人もいませんね。しかも、母娘という設定も初めて。話題になる理由もわかる気がしますね。

2016年、2017年のポカリスエットCM曲は?



仲良く洗濯する吉田羊と鈴木梨央.JPG

吉田羊と鈴木梨央が母娘役で登場するポカリスエットのCM。

これまでもシリーズで放送され二人のかわいい掛け合いが話題になっていますよね。

そんな中、二人が2016年、2017年の作品内で流れる曲が素敵だと話題に。

誰の曲なのか、歌詞は何て言ってるのか、調べてみました。

2016年に冬バージョンとして放送された作品で子役の鈴木梨央と女優の吉田羊が二人でデュエットしている曲は小沢健二の「さよならなんて云えないよ」という曲をカバーしたものなんだそう。

こちらの曲は小沢健二が1995年にシングルで発表したもの。これを鈴木慶一によるアレンジでカバーバージョンとして採用しているということです。

「ポカリ、のまなきゃ」というキャッチコピーのシリーズは「ふたりで窓ふきを」「木枯らしに抱かれて」「ふたりでナイスキャッチ」「冬はつらいよ」と、ゼリータイプになったポカリのCMと何パターンも放送されていますが、どれもこの小沢健二の「さよならなんて云えないよ」を二人が歌っている曲が流れます。

ちなみに小沢健二って誰?と思う人もいると思いますので(私もそのひとり)簡単にプロフィールを。

本名 小澤健二

生年月日 1968年4月14日(48歳)

出身地 神奈川県相模原市

所属事務所 ドアノックミュージック

今回、カバーされて採用されている曲はあのタモリが褒めた曲として有名です。

また、オザケンこと小沢健二についてもタモリはアーティストの中で唯一大ファンと公言するほど。

作家の村上春樹や吉本ばななもこの曲を絶賛しているんだとか。

この曲を吉田羊と鈴木梨央がデュエットしているのが耳に入るともともとがアップテンポで明るい曲ですがそれがさらに可愛らしい印象に思えますね。

これは二人の声が透き通っているせいかわかりませんが、歌う人によって同じ曲でもずいぶん違った印象が残るものですね。

ちなみに2016年、2017年冬バージョンのポカリスエットゼリーの作品で二人がデュエットしている歌詞は

「美しさ Oh baby ポケットの中で魔法をかけて」

「心から Oh baby 優しさだけが溢れてくるね」

「ポカリ食べなきゃ」

と歌っているそう。

ゼリーは「飲む」のではなく「食べる」ですよね。

小沢健二の曲はこの他にもいくつもCMに採用されたものがあるそう。

例えばスズキラパンで流れた曲も小沢健二の「ラブリー」という作品。

ビームスにも採用されましたがこちらは「今夜はブギーバック」、そしてカゴメの作品は「愛し愛されて生きるのさ」でした。

カゴメの作品はたくさんのカップルが次々キスをするというきゅんとするような作品でしたが曲名とぴったりでしたよね。

ご自身の曲が次々とカバーされることについて小沢健二は公式サイトでコメントを発表しています。

ポカリスエットのCMで採用される曲はこれまでの歴代のものを見てると福山雅治やZARD、ミスチル、ポルノグラフィティ、DEENなど今をときめくアーティストの作品で飾られていますよね。

そして実際に歴代の曲を見ると名曲が多く、その時代を代表するものばかりという印象です。

例えば一色紗英が出演した作品では織田哲郎の「いつまでも変わらぬ愛を」やZARDの「揺れる想い」など採用された曲が大ヒットしましたね。

なので2016年、2017年に放送される作品で流れる小沢健二の曲もこれから大ヒットするかもしれませんよね。

余談ですが、出演している子役の鈴木梨央の将来の夢は一人の歌手として紅白に出ることなんだそう。

もし、その夢が叶って将来大物歌手になったとしたらこの歌声は貴重なものになるかもしれませんね!

ちなみにポカリスエットはほかのジュースと同じような感覚で飲む場合が多いと思いますが、実はほかのスポーツドリンクとは違って点滴と同じ成分で作られているって知ってましたか?

そう言われると、大塚製薬が製造元というのも納得できるところですよね。

ポカリスエットは病院で行う点滴とよく似た成分で開発されていることで、ただのスポーツドリンクとは違い発熱などの症状がある時に飲むことで効果が得られる優れものだったんです。

例えば風邪の時に、病院に行くとポカリスエットを飲むように言われたりすることがあると思いますが、「飲む点滴」といわれる通り脱水症状の体に素早く水分補給できる成分が配合されているという点でポカリを飲むことは効果があるんです。

今まで風邪をひいたらポカリを飲まなきゃ!と漠然と思っていましたよね。ただ、この場合もポカリじゃなくて違うスポーツドリンクでも同じだと思っている人が多いと思いますが、よく調べてみると全く違うものということがわかります。

さらに風邪の時に効果が高い飲み方は温めて飲むのがいいんだそう。特に冷え性の人は寒い冬に冷たい飲み物は余計に体を冷やしてしまうので温めて飲む方法はおすすめですよ!

以上、今回は「ポカリスエットのCM出演の子役&印象に残る歴代女優は?」でお届けしましたー!








共通テーマ:芸能