So-net無料ブログ作成
検索選択

美容整形で失敗した芸能人は?石原さとみと綾瀬はるかは?

 綾瀬はるか&石原さとみの百科事典 

美容整形で失敗した芸能人は?石原さとみと綾瀬はるかは? [美容整形]

こんにちは!のんのんです!

本日のテーマは「美容整形で失敗した芸能人は?石原さとみと綾瀬はるかは?」です。

近年では美容整形が老若男女問わず身近なものになりつつありますね。

自分にコンプレックスがある人にとってはまるで救世主のように気軽にできてしまうものがたくさん存在しています。

芸能人も私たちと同じようにコンプレックスを抱えていて、それを解消するために手術する人はたくさんいるんじゃないかと思います。








でも気軽にできるようになったからといってリスクが全くないわけではありません。芸能人にも失敗疑惑が噂されている人がいるようですので整形についてのリスクなど詳しく見ていきたいと思います。

美容整形は怖い?リスクや失敗の確率は?



白衣の男性.jpg

一昔前は美容整形は普通の人がするものではないというイメージがありましたよね。

確かに今と比べると費用の面でもかかる時間もずいぶん違ったように思います。また、世間の認識もかつては「怖い」というイメージがかなりついてまわっていたように思います。

今はプチ整形のように、比較的費用も安く、施術時間もそれほどかからずに簡単に受けられるクリニックがたくさんありますよね。

しかも芸能人やアイドルもしてるという噂を聞けば、美容整形が怖いというイメージは薄れて

「私も石原さとみみたいな顔になれるかも♪」

「綾瀬はるかみたいな可愛い顔になりたい!」

などという気持ちの方が強くなってしまいますよね。

でも、現在の医療がいくら発達して手術のリスクも軽減されてきたとはいえ、やはりメスを入れることには違いないので怖い部分も必ずあるということを忘れてはいけないと思います。

プチ整形が流行っているせいか若い女性が本当に簡単に受けるケースがよく見られますが、手術を受ける前にもう一度怖いリスクや失敗の確率のことなどよく考えてみて欲しいと思います。

失敗というリスクがあまり世の中に出ることが少ないのは、そもそも失敗した事例やリスクのことをクリニックが公表しないということにあり、整形は失敗する確率が少なく必ず成功すると勘違いして安易な気持ちで手術を受けるケースが後を絶たないと思います。

クリニックがその事例を公表しない上に、失敗されてしまった患者側もほとんどの確率で手術を受けたことを内緒にしている場合が多いはず。

「内緒で受けた整形手術が失敗だった」

ということは、絶対に誰にも知られたくないですよね。このことから整形の失敗の確率やリスクが世間に知れ渡ることなく、患者側が泣き寝入りするという悲しいことが起きてしまいます。

では、手術に伴うリスクにはどんなものがあるかということ見ていきたいと思います。

芸能人も行なっていたりすることもあり比較的ポピュラーで、メスを入れるとこがないため簡単に受ける人が多いものにヒアルロン酸注射やボトックス注射がありますが、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまうため半年ほどすると戻ってしまうということです。ただ元に戻るだけなら問題ないのですが、その部分がへこんでしまう場合もあるというリスクが。

最近は涙袋を作るためにヒアルロン酸を注射する人も多いようですが失敗する例も少なくないそうです。

ヒアルロン酸を注入することで切らずにできる手術に隆鼻術がありますが、注入がうまくいかないととでこぼこになったり不自然な形になってしまうという例もあるということです。

また、ヒアルロン酸を注入する豊胸手術のリスクとしてシコリができたり乳房が変形するなどが挙げられます。

次にボトックス注射です。この施術はシワ取りの効果があるということで気軽に行う人が多いようですが、この場合もまぶたが垂れ下がってしまったり顔が歪んだり表情がなくなってしまうというリスクがあるそうです。

さらに視力の低下やドライアイを招くというリスクや涙が止まらなくなるという事例もあるということですので注意が必要です。

隆鼻術ではヒアルロン酸を注入する施術のほかにプロテーゼを埋め込むものがありますが、これにもプロテーゼが皮膚を突き破って飛び出してしまったり、プロテーゼが上にズレてブタ鼻になってしまうなどのリスクが挙げられます。

プチ整形の代表的なものに一重まぶたを二重にするものがありますが、この手術で行われるのが「まぶた埋没法」というもの。

この手術のリスクとしては自分が思っていた二重のラインにならない、左右で幅が違うという事例のほかに、埋没法はまぶたの中に細い糸を埋め込んで二重のラインを作る手術ですが、この糸が緩んでしまったり取れてしまい二重が一重に戻ってしまったり、日によって二重になったりならなかったりしてしまうという例があるそうです。

また、糸の結び目が目立ってしまったりまぶたから糸が出てきてしまう、まぶたの裏側から糸が出てチクチクするといった事例もあるそう。

こうして見ていくと、最近の女子高生でも簡単に行っているような美容整形でもこんなに怖い事例やリスクが隠れているということがわかりますね。

顔だけじゃなく、ボディで有名なものに脂肪吸引という施術もありますが、落としたくてもなかなか落ちない脂肪を除去するのに有効な手段ではありますがこれも怖いリスクが伴います。

例えば吸引の仕方が悪くて皮膚が硬くなったりでこぼこになってしまう、傷跡が残るなどの危険性が伴うことや、中には内臓を傷つけられてしまうといった怖い例も。

そういえば、以前ニュースで脂肪吸引した時に内臓を傷つけたということを聞いたことがありますが、このような失敗例はクリニックでは決して公表していないので安易に手術を受けるということはとても怖いことだと認識する必要があります。








美容整形で失敗した芸能人は?



サングラスをしたマイケルジャクソン.jpg

一般人でも比較的簡単に受けられる美容整形ですので芸能人だったらさらに手術を受けるということが普通に浸透しているんじゃないかと思います。

ご自身が整形を受けたことを公表されている人もチラホラいるようですが、アイドルとして活躍している人などは内緒で行っている人がほとんどだと思います。

ですが、ある時から突然目元が変わったり鼻の形が変わったりするといじったのがバレバレです。

芸能人の中には受けた施術が失敗じゃない?という噂が囁かれる人が存在していますよね。

整形を受けて本来の目的通りきれいになれたのなら大成功ということになりますが、テレビに映る姿を見た視聴者が明らかにいじったことが失敗で変な顔になったと思ってしまう芸能人を挙げてみたいと思います。

外国の芸能人で明らかに整形を失敗してると話題になったのがマイケルジャクソンですよね。マイケルジャクソンは子供の頃から比べると顔のあらゆるパーツが違うと話題になっていましたが、もともと鼻にコンプレックスがありステージで鼻を骨折して手術したことが整形を繰り返すきっかけとなったようです。

彼の場合は子供の頃に父親から顔のことで罵倒されていたのがトラウマとなり、30年間で100回以上もの整形を受けたとも報道されていました。

ここまで来ると整形に依存する精神疾患だったんじゃないかと思ってしまいますが、晩年の彼の顔は手術に失敗したと思えるような崩れ方をしていました。

マイケルジャクソンだけじゃなく整形に依存してしまうケースはよくあるようです。

近年、いじったことが失敗したんじゃないかと噂される芸能人では、広瀬香美や坂口杏里は昔の顔と全然違うと言われています。

坂口杏里は一時期ずいぶんテレビに出ていた時もありますが、現在は全く見かけることがなくなってしまいましたね。子供の頃の写真が流出していますが大人になってからの変貌ぶりがハンパないと噂になりました。いじったしたパーツは目と鼻じゃないかと言われていますが、やりすぎで逆におかしくなったうちのひとりでしょう。

顔がおかしい坂口杏里.jpg

水沢アリーも目の二重がおかしいと噂になりました。テレビで見ると明らかに二重のラインに不自然さが・・・。しかもやりすぎて目が閉じれない!失敗か?と思えるような場面もあり、もしかして整形依存じゃないかという疑惑まで浮上しました。

目がおかしい水沢アリー.jpg

さらに板野友美は小学校の時の写真が流出していますが、確かに現在時比べるとかなり違っています。あまりにもいじり過ぎて「やり過ぎ」「失敗」と評判になりました。板野友美に関しては手術したんじゃないかという疑惑が度々噂されていますが特に昔は一重だったまぶたがある時からくっきり二重に、丸かった鼻がシャープに、あごも丸かったはずがプロテーゼを入れたのか尖ってシャープな印象に、涙袋もパンパンになっているなどいじったと噂されているパーツがかなり多いです。

デビュー当時と顔が変わりすぎと話題になった益若つばさは読者モデル時代から見るとさらに変貌していると言われています。あごや唇、目元が昔と違うようですが、若い頃はきれいでしたが最近の彼女は整形のやり過ぎで崩れてきていると言われています。

顔が崩れたますわかつばさ.jpg

40歳過ぎてもモデルとして活躍している平子理沙ですが、雑誌で見る顔とテレビに映った顔が違うと話題になりました。平子理沙も昔から整形疑惑がついて回るモデルですが、目や唇、鼻が変わっていると言われています。

このように芸能界には美容整形をやっている人がたくさんいるようですが、テレビで見ても失敗に見えるのはかなりショックですよね。

かわいくなるために高い費用をつぎ込んで手術したにもかかわらず、その前のほうが可愛かったなんて言われるようでは手術した意味がないですからね。

石原さとみや綾瀬はるかも整形?



石原さとみも芸能界で同様の疑惑が浮上しているということですが、確かに彼女はある時から突然かわいくなったということが度々話題になりますよね。

石原さとみは15歳から芸能界で女優活動をしていますが、成長過程で少女から大人になって変わってきたという部分もかなりあると思います。ですがネット上では成長過程での変化では説明がつかないくらいの変貌ぶりにいじった疑惑が囁かれているようです。

石原さとみといえば、女性からの人気も絶大で「なりたい顔NO1」に選ばれているほど可愛い顔の持ち主ですのでいじる必要なんてないと思いますが、昔の写真と比べると目元が奥二重からくっきり二重に変わっているんだとか。

ナース姿の石原さとみ.jpg

ほかにも鼻が以前とは比べものにならないくらいシュッとしたシャープな印象に変わっていることや唇が薄くなったということがネット上で話題になりました。

デビュー当時の石原さとみはまゆ毛が太くゲジまゆだったのが今はきれいな平行眉にかわっていることはわかりますが、私にはいじっていると誰にでもわかるほど目元が変わっているようには思えませんが、メイクのやり方で女性はかなり印象が違ってきたりするので本当に整形しているのかはわかりませんよね。

さらに綾瀬はるかも美容整形しているという噂が浮上しています。

綾瀬はるかはあごが昔に比べると目立たなくなったとか、目が鋭い印象から柔らかい印象に変わっているということが話題になっているようです。

それに加えて彼女の場合は豊胸もしているという噂が浮上中。とはいえ、もともと胸は大きかったらようですので豊胸しているというのも単なる噂にすぎないんじゃないのかな〜とは思いますが・・・。

あごが目立つ綾瀬はるか.jpg

しかも、綾瀬はるかはデビュー当時にストレスからかなり太ってビューティーコロシアムに出演してダイエットしていたことから、その当時の写真と比べると顔の印象がずいぶん違ってくると思います。

ダイエットで7キロも痩せるとあごの無駄な肉がなくなりラインはシャープになりますし、一重で厚ぼったいまぶたも肉が取れてスッキリしてくるということは実際にあり得ることですので美容整形はしていなくてもかなり印象が変わるはずです。

微笑む綾瀬はるか.jpg

このことから、石原さとみと綾瀬はるかもネット上で整形疑惑が浮上していますが、実際にはもしかしたらダイエットで余分な脂肪が取れてシャープになったり、メイクのやり方が変わったことで顔の印象がデビュー当時と違ってきているのかもしれませんね。

鼻筋が細くシャープになったり、唇が薄くなるのはダイエットやメイクで変えるのはなかなか難しいので怪しいところではありますが・・・。

ということで、石原さとみや綾瀬はるかが実際に手術しているのかというのは定かではあるませんが、昔と比べると二人ともかなりきれいになっているということは間違いないですね!

ちなみに、美容整形をしようと考えている人は信頼できるクリニックで手術を受けることが重要です。リスクがあることや失敗例が数多くあることも念頭に置いて検討してほしいと思います。

今回は「美容整形で失敗した芸能人は?石原さとみと綾瀬はるかは?」でお届けしました。








共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。